2019年4月13日土曜日

2019.4.13-14. 大阪大学 国際公共政策コンファレンスで3年生2組が発表

「第5回 国際公共政策コンファレンス・待兼山会議」(主催:大阪大学法学部 国際公共政策研究科・会場 大阪大学豊中キャンパス)において、今年も3年生2組が応募し、2年生の1年をかけて行った課題研究「探究」の研究成果を発表する機会を得ました。

発表したのは、金島和花奈さんと、中川瑠花さん、松本葵さんのペアです。金島さん・中川さんには、参加して学んだことと後輩へのアドバイスを書いてもらいました。また、中川さん・松本さんからは発表で用いたスライドと発表原稿を提供してもらいました。紹介します。
51期3年の金島さん・松本さん・中川さん
金島和花奈さんから

<自分の発表について学んだこと>
  • 私は、聴覚障害者の問題について調べたけれど、その問題をひと事として捉えるのではなく自分たち(健常者)にも繋げた点がよかったと言われた。
  • 国際公共政策コンファレンスなのでもう少し視点を世界に広げる必要があった。例えば、外国の聴覚障害者に対する政策を参考にするなどすると、もう少し世界との関わりを見いだせたかもしれない。
  • 上記に加えて、世界と日本の差に注目してもよかったかなと思う。
  • 質問されたことがほとんど事前に自分でも考えていた点だったので、やはり先にある程度の予測をしておくと返答に困らなかった。

<2日目の発表を見学して学んだこと>

  • 研究に夢中になってしまって1つの解決策に集中してしまうと、本質が違ってくることがあるため、RQを出来るだけ詳しくするという事は本当に重要であると実感した。そのため、少し時間がかかったとしても最初の課題設定は慎重にする必要があると思う。
  • 結論を書く際、その解決案のメリットのみを述べるのではなく限界を捉えることも必要になってくる。そうすることで、現実味を増した解決案に繋がる。
  • 導入部分でまず現状を客観的に示す。そののち自分の意見に繋げる方がよい。
  • 他国の事例などを取り上げた際、その事例が自分の問題の解決にどれほど効果的なのかを具体的に示すとよい。
  • まず問題の原因を追求する→そこを解決するために研究

<次回参加する後輩のみなさんへのメッセージ>
私は、このコンファレンスにでると決めてから本格的に論文を訂正する作業に取り掛かったのが遅かったため、短期間で詰め込む形となってしまったことが反省点です。だから、もしコンファレンスに出ようと決めたのならすぐに論文の編集に取り掛かった方が良いと思います。けれど、短期間の中で先生にも協力して頂いたこともあり、自分で納得のいく論文が完成したので最後までやりきることが1番必要だなと思いました。 
コンファレンスでは大学の先生方が厳しいご意見、質問をなさるので学校での発表よりも自分の発表の良い点、改善点をはっきりと知ることが出来ますし、懇親会では色んな県からきた経験豊富な高校生との交流で自分の視野が広がりました。2日目の代表の発表では、1日目よりも厳しい意見が沢山あり、発表を聞いている中で沢山のことを学びました。 
私は正直、発表の感触は思ったよりも良かったので、2日目に全体会で発表する代表に選出されなくて安心した反面悔しくもありました。次回出られる方は是非代表を目指して頑張って下さい。


中川瑠花さんから
・私はこの国際公共政策コンファレンスに参加し、たくさんのことを得ることができました。・まず反省点は、発表のスピードと目線です。20分という制限時間の中で出来るだけ長く発表できるように調節し、原稿も出来るだけ覚えてなるべく前を見るように練習しました。しかし本番では緊張してしまい、練習では噛まなかったところを噛んだり、原稿を忘れたり、スピードが早くなってしまいました。その結果5分以上も余ってしまい、「時間調節が出来ればもっと良かった」とアドバイスを頂きました。緊張することを想定しながら練習することが必要だったなと思います。 
・また、問題に対する解決策の甘さも反省点の1つです。他の高校の発表を聞いていると、既に問題解決に向けて活動し始めていたり、解決策を細かく具体的に提示している高校が多く、驚きました。それに対し私たちの解決策は抽象的で曖昧であり、今すぐに実現可能とは言い難いものでした。そこが他の高校に比べて欠けていると感じました。 
・次に、良かったところは、質問に対する応答です。参加すると決意したあと、私たちは過去に参加した先輩方の体験記を読みました。そこには、準備不足だったこと、特に質問にきちんと答えられなかったことが悔しかった、と書かれていました。なので私たちは、先生方に協力してもらい、質問をあらかじめ予想してそれに対する応答をしっかりと準備しました。その結果、本番では質問に対して焦らず慎重に受け答えができ、とても良かったと思います。 
・また、パワーポイントもこだわりました。情報過多にならならようにまとめた文章を表示し、見ている人に伝えたいことが伝わるように気をつけて作成しました。 
・また、アドバイスとして、テーマを絞り大きいことは言い過ぎないことが大切だと言えます。自分が研究していることが結果的に何を変え何を良くするのか、大きく言ってしまいがちですが、何度も原稿を見返して、本当かどうか確証が持てないことやいらないことは省くことが大切だと思います。 
・そして最後に、ペアワークの素晴らしさにも気づきました。私たちは2人で1つのテーマを決め探究してきました。2人で行うことで視野が広がり、お互いのミスを指摘しあってより良いものを創ることが出来ました。お互いがお互いに刺激を受けながら、切磋琢磨して探究していくことはとても有意義でした。1人で探究する場合でも、周りの友達や先生方に協力してもらうことで同じ効果が得られると思います。 
・国際公共政策コンファレンスで発表したことは、貴重な経験となり、自信にも繋がりました。大変でしたが、参加して本当に良かったと思います。

松本さん・中川さん作成のスライド と発表原稿
  



































2019年4月7日日曜日

2019.4.7. SGH甲子園 ポスタープレゼンテーション部門優秀賞を受賞した研究のポスター・発表原稿と体験記

2019年3月23日土曜日に 関西学院大学 西宮上ヶ原キャンパスで「全国スーパーグローバルハイスクール課題研究発表会 2019【SGH甲子園】」( 主催 関西学院大学/大阪大学/大阪教育大学)が行われました。


開会式の様子

本校からは、2年生の森吉天さん、田中理歩さんが研究成果ポスタープレゼンテーション部門にエントリーし、1年間『探究』の授業で取り組んだ研究の成果を英語で発表しました。

発表タイトルは、Which Dress Would You Buy? ~Actions Taken for the Abolition of Child Labor in India and Cambodia~。アパレル産業における児童労働をなくすためにインドとカンボジアにおいてこれまでに行われた対策を調べ、今後日本で必要とされる対策について考察しました。
発表で使用したポスター(クリックで拡大表示)

参加数はこの大会で最大の109校150チーム。このうち、英語による研究成果ポスタープレゼンテーション部門には31校がエントリーしていました。この中で、本校生2人による発表は、最優秀賞に次ぐ「優秀賞」を受賞しました。

発表原稿
Which dress would you buy and how would you choose?
> Which dress would you buy? And why? As you can see, these two dresses look similar, but the prices are different. One of the factors behind this is that one of these was made by children. According to this book, lots of fast fashion is based on child labor. This is a problem happening even in Japan, so we have to be more responsible. But how? As of 2016, 64 million girls and 88 million boys, about one in ten children in the world are under child labor. Over 40% of the world’s child labor population is in Asia. One of the sectors they work in is the apparel industry.

> From our research, we have found that Cambodia, India, and America have taken action to solve this problem.

> Human Rights Watch interviewed workers in Cambodia’s garment factories and found the use of child labor in at least 11 factories. Workers including children reported that they were working long hours and children reported that they were paid less than the minimum wage and weren’t able to go to school. In the interview many children said that they are working because their families are poor. For this reason, the reality was that Cambodia couldn’t ban child labour easily. In response to this, BFC an ILO’s programs aim to improve working conditions in Cambodia’s export garment factories and GMAC signed an agreement that workers under 15 years old will be given access to vocational training institutes and be paid the average wage of factory workers in Cambodia.

> In July 2010, the US Department of Labor published a report on what goods are made by children. This report includes facts on products from the apparel industry. In November that year, the apparel industry of India reached an agreement with the US Department of Labor. They accepted advice about reducing child labor and developing guidelines on labor practices. Also, the US government has made an action to stop child labor. In 2016, the former US president Obama revised a law concerning child labor. The new law says that they will not import products made by children under any conditions.

> But these are solutions taken in other countries. What do people in Japan need to do to reduce child labor? Here are some solutions.
First, the government should make rules or laws to reduce the import of garments made by children just like Obama did in the US. If we stop importing garments made by children, the manufacturers will have to stop using children to make their products to maintain their sales. Some of you may think that they should ban the import of garments made by children, but in reality, children can’t help but work so we should consider this more carefully and think of the best solutions for each country.

> As consumers, we need to look for garments that aren’t made by children.
To support this, the Apparel industry or NGOs should make some marks that will help us to identify if the product is made by children or not. In the present situation, there are brands like Patagonia that prints fair trade labels on products but we don’t usually see such marks on clothing tags and marks like RUGMARK which tell us that the rug wasn’t made by children. If we see such marks on clothing tags, we can make better choices about the products we buy. Also, because we feel that Japanese people’s awareness about child labor is very low, to create more awareness about it.

> Now that you’ve listened to our presentation, look at these dresses once again, which dress would you buy? and how would you choose?

体験記
>今回のSGH甲子園では、12月のSGH全国高校生フォーラムで学んだことをプレゼンに取り入れ、納得のいく結論まで作り、前日にはALTや社会科の先生方に発表を聞いてもらいアドバイスをもらうことで自信を持って発表することができました。発表後に受けた質問にも、3か月探究を進め問題を理解することで、周りを納得させられるような答えができました。2回目の全国レベルのプレゼンだったこともあり、12月より落ち着いて発表することができました。結果ポスタープレゼンの英語部門で優秀賞を頂くことができ、1年の努力が報われて嬉しかったです。閉会式の後のエキシビジョンとして行われた優秀賞の日本語プレゼンは同じ高校生とは思えないほど自分で実験と考察を繰り返しており、参考になりました。 
>私たちが今回取り上げたのは、児童労働という、私たちにとって一見関係のないように思えてしまう問題です。ただ世界のどこか遠くで起こっている問題程度でスルーされてしまうことが多く、探究をする前の私もスルーしてしまう人のうちの1人でしたでした。今回のプレゼンでは児童労働について1人でも多くの人に知ってもらいたいと、注目の引くタイトルにするなど工夫をしました。私たち高校生にできることはそれほど多くありませんが、今回のように世界の問題をプレゼンという形で周りに共有することだけでも大きな行動の一つだと感じました。将来大学で社会学を専攻し、現代社会にある問題について、原因やお互いに与える影響などをもっと深く学びたいとこの探究を通じて強く思うようになりました。 
>これから探究を進める後輩の皆さんへ: 私がこのテーマにたどり着いたのは幼い頃の疑問が元になっています。母親が安価な服を買わなかっため、安い服には何があるんだろう?と疑問に感じていました。そこでファストファッションの裏側について調べてみて、児童労働という問題を知りました。探究はすごく難しそうに感じるかもしれないし、探究したいテーマがなかなか見つからないかもしれないですが、幼い頃からの疑問や今自分の中にある疑問を調べてみたら、自分にとっても楽しいやりがいのある探究になると思います。12月のSGH全国高校生フォーラムや今回のSGH甲子園にもぜひ積極的に参加してほしいです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
・「SGH甲子園2018 出場者から後輩へのメッセージ」の記事はこちらから
・「SGH甲子園2017 日本語プレゼンテーションの部で最優秀賞」の記事はこちらから



2019年3月26日火曜日

2019.3.23. SGH甲子園2019 研究成果ポスタープレゼンテーション部門で本校2年生の発表が優秀賞を受賞

2019年3月23日土曜日に 関西学院大学 西宮上ヶ原キャンパスで「全国スーパーグローバルハイスクール課題研究発表会 2019【SGH甲子園】」( 主催 関西学院大学/大阪大学/大阪教育大学)が行われました。


開会式の様子

本校からは、2年生の森吉天さん、田中理歩さんが研究成果ポスタープレゼンテーション部門にエントリーし、1年間『探究』の授業で取り組んだ研究の成果を英語で発表しました。

発表タイトルは、Which Dress Would You Buy? ~Actions Taken for the Abolition of Child Labor in India and Cambodia~。アパレル産業における児童労働をなくすためにインドとカンボジアにおいてこれまでに行われた対策を調べ、今後日本で必要とされる対策について考察しました。
発表で使用したポスター(クリックで拡大表示)

参加数はこの大会で最大の109校150チーム。このうち、英語による研究成果ポスタープレゼンテーション部門には31校がエントリーしていました。この中で、本校生2人による発表は、最優秀賞に次ぐ「優秀賞」を受賞しました。

発表原稿と体験記を追加した記事は、こちらから
審査結果の速報は、こちら(関西学院大学のサイト)から
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
・「SGH甲子園2018 出場者から後輩へのメッセージ」の記事は、こちら
・「SGH甲子園2017 日本語プレゼンテーションの部で最優秀賞」の記事は、こちら


2019年3月9日土曜日

2019.3.9. 基調講演を行っていただいた平原さんの雑誌インタビュー記事

本校の学習成果発表会「千里フェスタ」オープニング(2019年2月7日)で基調講演を行っていただいた平原弘子さん(国連南スーダン派遣団ベンティウ事務所長・本校卒業生)が3月8日の国際女性デーに合わせて雑誌のインタビューに答えられました。

基調講演では紹介されなかった内容も含まれています。
電子版に掲載されていますので、ご覧ください。生徒の皆さんもぜひ!

南スーダンの人々が安全に暮らせることを目指して。平和維持に奮闘する国連職員・平原弘子さんのチャレンジ | ライフスタイル | 25ans(ヴァンサンカン)オンライン
http://www.25ans.jp/lifestyle/charity/docharity/pko_hiraharahiroko_190308/

以下に、本校での講演についての生徒の感想を紹介いたします。
本校での講演中の平原弘子さん
今回の平原さんの講演はとても興味深いものでした。わたしは国際連合の人が具体的にどのような生活をしているのかを知らなかったので、今回の講演でそれをしっかり学ぶことができました。…今後も世界を良くしていくために頑張ってください!私も世界に羽ばたける人材になれるように頑張ります!  
今の日本以外の国の現状を知れて良かったです。 私に出来ることは少ないかもしれませんが、出来ることを協力出来たら良いなと思いました。
とても興味深い講演でした。普段中々聞かないような話で、貴重な体験が出来ました。私は国連に入りたい訳ではないですが、これから社会に関わる仕事をする時にとても役に立つ話だと思います。今回は本当にありがとうございました。
国際連合がどのような仕事をしているか知らなかったので、とても楽しく講演を聞かさせていただきました。国際連合の人は現地で仕事をしていると思っていなかったので、とても驚きでした。…僕の夢はまだ決まっていませんが平原さんのように世界で活躍できるような仕事に就きたいと改めて思いました。貴重な講演ありがとうございました。 
今まで知らなかったことをたくさん知ることができたとても有意義な講演会だと思いました。「南スーダン」と聞いて、どこにあるのか、またどんな国なのか、まるで知らない人が日本では多いと思います。講演のお話で、日本のようにスイッチを押すだけで簡単に電気がつくような先進国ではなく、南スーダンは紛争や民族の対立が激しい国だとお聞きしました。そんな国にほとんど日本人のいない職場で働き国を支援し、たくさんの国を管轄している平原さんは本当にかっこいいと思ったし、国境を越えて人を助けることができる大人になりたいと思いました。私の姉が大学で慈善団体に入っていたこともあり、私も中学生の頃に興味をもち始め、私も将来大人になったら国境を越えて人助けができるような大人になりたい、国際的な慈善団体で働きたいと思うようになりました。そして国際的な授業のある千里高校に入り、少しでも夢に近づければ、と思っていました。そんな中、平原さんの講演を聞き、夢を叶えたい気持ちが一層強くなりました。私も世界中の人の考えに触れたいと思いました。具体的に平原さんはどのようにして国際連合で働くことができたのか詳しくお伺いしたいです。また機会があれば、今度は質問したいと思います。絶対に忘れられない講演です。ありがとうございました。 

2019年2月11日月曜日

2019.2.9. 千里フェスタ「探究」研究発表 全タイトル

今回の「千里フェスタ」で発表した研究発表の全タイトルをご紹介します。
優秀論文は後日本校SGHホームページに掲載いたします。


探究
課題研究「探究」では,「人権」「労働」「環境」「教育」「グローバリゼーション」の5つのテーマの講座にわかれて課題研究を進めています。

「人権」
「なぜ『屠殺(とさつ)』は私たちに身近なものではないのか」
「シングルマザーと児童虐待の関係は」
「どうすれば児童虐待を減少できるか」
「貧困世帯にいる子どもと普通の子どもの成績の差をなくすためにはどうしたらよいか」
「長時間労働をなくすためにすべきことは」
「元受刑者が社会復帰するためには」2-1鈴木陽太
「母親が子どもを愛することは“当たり前なのか”」
「出産後も女性が働き続けるためには」
「日本において安楽死は合法化されるべきか」
「マタニティハラスメントを解消するためには」
「少年法は“甘やかし法”であるのか」
「貧困による子ども虐待をなくすためには」
「性暴力における男性被害者を救うためには」
「『ちびくろサンボ』絶版から考える黒人差別を解決するためには」
「過労による自殺をなくすためには」
「最期の在り方を選択できるようになるには」
「子どもの幸せを守るためには」
「障害者雇用促進法は問題のない障がい者雇用対策か」
「見た目問題」
「ひきこもりを社会復帰させるには」
「女性が働きやすい社会を作るには」
「在日韓国・朝鮮人への差別をなくすには」
「報道被害をなくすには」

(労働)
「長時間労働の悪循環」
「千里生が『働くこと』に対して積極的な見方を持つためにはどうすればよいのか」
「成果主義とは」
「パートタイム労働者に課せられる処遇問題と対応とは」
「スウェーデンと日本の育メン」
「障がい者雇用~安心して仕事ができるために~」
「過労死とその対策」
「ブラック企業」
「なぜ現代日本の女性は仕事と育児の両立が難しいのか」
「日本が労働先進国のような働きやすい国になるには」
「女性活躍後進国」
「ブラックバイトによる学生の被害を減らすには」
AIの利用によりおきている問題、見えない未来の労働環境」
「インドにおける児童労働」
「雇用形態と幸福の関係とは」
「最近の若者は本当にいけないのか」
「労働にとっての睡眠の重要性」
「中間管理職と心の健康」
「宝くじで一生暮らせる分のお金が当たったとしても、働きたいと思える職場を作るには」
「過剰な自主規制を引き起こした原因について」
「職場における女性の在り方とは」
「企業でAIを有効活用するには」
「より良い賃金制度へ進むには」
「少子化のなか、なぜ先生は多忙なのか?」

(環境)
「聴覚障がい者の交通問題~梅田駅がディズニーリゾートから学ぶこと~」
「高校生のネットいじめはなぜなくならないのか」
「子どもを孤食から解放するとともに地域を活性化させるにはどうすればよいか」
「大阪湾のプラスチックごみの原因と対策とは」
「外国人労働者が働きやすい環境を作るには」
「コンビニの24時間営業は本当に必要なのか」
「起立性調節障害の生徒へのサポート環境をどのように整えていくべきか」
「学生アルバイトの労働環境」
「イリオモテヤマネコを絶滅の危機から守るにはどうすればよいか」
「女性が辞めずにすむ会社づくりとは」
「日本の非正規労働者の待遇を改善するには」
「和泉葛城山のブナ林を守るために」
「犬猫の殺処分数を0にするために」
「航空管制官の勤務環境は整備されているのか」
「長時間労働を改善するには」
「日本の過疎地域対策とは」

(教育)
「小学校から英語を教科化して行うことは必要なのか」
「メディアリテラシー教育の在り方」
「通信制教育と教育課題」
「ゆとりですが何か」
「日本の教員は働き過ぎ?」
「学習の質を高めるために」
「病気の子どもと兄弟の不安」
「どのように日本語と向き合うべきか」
「学費が無償になる?」
「部活動に意味はあるのか」
「学習塾は本当に必要なのか」
「勉強をどうとらえるべきか」
「奨学金問題」
「小学生に英語は早いか」
「教師の長時間労働の原因と改善方法」
「日本の小学校教育に英語はいらない?」
「飢餓地域における食育」
「音楽教育のメリットとは?」
「子どもの手本」
「体罰問題の改善について」
「勉強がしたくなる講座」
「高齢者の体力向上には何をすべきか」
「いじめの現状と解決策」
「待機児童~ゼロへの道~」
「体罰は×(バツ)!」
「ケニアの初等教育の質を上げるにはこうすればよいか」
「スリランカと日本の比較から生まれる最適な教育」
「ブータン王国の教育から見る日本の教育」
「『千と千尋の神隠し』から見る思春期の子ども」
「日本の子どもたちを解放せよ」

(グローバリゼーション)
「どちらのワンピースを選びますか?~児童労働をなくすには~」
「広告に見られる人種差別を撤廃するには」
「海洋汚染を解決するには」
「チャドの貧困の原因と解決策とは」
「グローバリゼーションはアイデンティティーを消失させたのか?」
LGBTの人々が暮らしやすくするには?」
「宗教に対する一方的な嫌悪をなくすには?」
「イギリスのEU 離脱から考えるグローバリゼーションの課題とは」
「本当に英語は必要なのか」
「自動車産業の現状から見える課題と解決策とは」
「フェアトレードは本当にフェアなのか?」
「グローバル人材を育成するには」
「外国人労働者の受け入れ現状と難点」
「なぜ日本のファッション業界は海外に進出しないのか」
「中国における飢餓と経済格差の実情と解決案」

TOEFL探究~
TOEFL探究では,TOEFL iBTに必要な四技能の習得を目標とし,様々なトピック(社会問題や専門的な分野)を学ぶなかで,総合的に使える英語を身につけます。放課後に公開プレゼンテーションを行い,発表力を養っています。今回は20名の生徒が自分の興味のあるトピックについてリサーチし自ら分析した内容を英語で発表します。
How to Reduce the Number of NEETs
The Effects of the Japanese Women’s Diet
The Decline of Face to Face Communication
Gender Discrimination at Japanese Companies
Junior High School Graduates and Poverty
Art Education in Japan
Overcoming Language Barriers
Improving the Working Conditions of Technical Intern Trainees
Immigrants and Their Families
A Comfortable Life for Orphans in Japan
Internet Dependence of Students
Discrimination of Sexual Minorities
Is Japanese Education Truly Good for Us?
Closing the Digital Divide
Improving Education in Hospitals
Supporting the Lives of Poor Children in Japan
English Education in Japan
The Effects of Poverty on Child Education
Motivation for Studying and Getting Good Grades
Volunteering for Tokyo 2020?