2021年6月25日金曜日

2021.6.25. 関西学院WWL・第2回国際生徒交流会【SECOND】INTERNATIONAL ONLINE MEETING

  2021年6月24日に開催された、関西学院WWL・第2回国際生徒交流会【SECOND】INTERNATIONAL ONLINE MEETINGに本校2年生5名が参加しました。

今回のテーマは、「あなたにとっての平和とは? コロナの中での平和・私にとっての平和・国にとっての平和」。国内連携校の他にインドネシア・インド・エジプト・フィリピンから高校生が参加した交流会でした。今回も連携校9校の生徒が実行委員となり企画・運営を行ってくれました。


終了後に振り返りの質問に答えてもらいました。紹介します。

参加してよかったと思うのは…>

  • いろいろな国の人と話せたこと。その国について知れたこと。英語のイントネーションやアクセントなどがそれぞれ違っていて興味深かった。なかなか外国の人と話す機会がなくなった今、交流できて楽しかった。
  • 大学生になったらフィリピンに留学したいと思っていた。今日のミーティングで、英語圏の中でも地域によって特有のイントネーションがある所があることを知ることができた。
  • 普段、座学やライティングを重点的にしすぎているために「何も書き出さず、相手の目を見て英語をしゃべる」ということが苦手だと気付けた。


<英語で話すことについて、どんな前向きな気持ちの変化がありましたか。>
  • 日本人でも発音がとても綺麗な方がいて、自分も頑張ろうと思った。
  • 英語を話すのはもともと大好きだし、今回さらにコミュニケーションをとることの楽しさを感じた。
  • 前日に使えそうなワードを書き出していたので、ある程度ミーティングについていくことができ、最後の全体会でグループの代表として発表したとき、拍手をいただけた。勉強すれば多言語の人と意思疎通し賞賛してもらうのも不可能ではないと確信できた。


<国際交流についてどんな前向きな気持ちの変化がありましたか。
  • 国によっては聞き取りづらいアクセントもあって、色んなアクセントに対応出来るようになりたいと思った。
  • 他の国の文化や考え方などを知るのが大好きで、そのような機会がたくさんある千里高校を選んだ。今はオンラインでしかこのような機会がないのが残念でならないけど、それでも貴重な体験ができきて楽しかった。やはりオンラインなので自由に会話ができなかったり、時差があったり、相手の感情をうまく読み取れなかったりと、不便な点はあったので早くface to faceで会って、話して、自由に交流できる世の中になってほしいと思った。
  • 実際に今何千キロも離れたところにいる人と会話することができ、首脳会談のような気分を感じることができ、興奮した。国が違うだけで、共通の話題はたくさんあることを知り、もっと海外の人と話してみたいと思った。


2021年4月3日土曜日

2021.3.27. 関西学院WWL・第1回国際生徒交流会【FIRST】INTERNATIONAL ONLINE MEETING

 2021年3月27日に開催された、関西学院WWL・第1回国際生徒交流会【FIRST】INTERNATIONAL ONLINE MEETINGに本校2年生が参加しました。

今回のテーマは、「Living with COVID-19 High Schoolers' REAL Voices from all over the World コロナと共に生きる私たち 〜ここでしか聞けない生の声〜」。国内連携校の他にインドネシア・インド・エジプト等からも高校生が参加した交流会でした。連携校9校の生徒が実行委員となり企画・運営を行ってくれました。


本校から参加した国際文化科2年生(当時)吾郷史佳さんのレポートを紹介します。
3月27日、私は関西学院大学主催の「高校生オンライン国際会議(International Online Meeting)」に参加し、新型コロナウィルスが世界に与えた影響について世界の高校生と話し合ってきました。

私は元々医療に大きな興味を持っていて、将来医療面でよグローバルリーダーとして活躍するために必要なことを見つけられるのではないかと感じて、今回の会議に参加することにしました。

会議にはインド、エジプト、インドネシアなどの高校生も参加していました。開会後はまず各国についてのプレゼンがあり、衣食住についてや現在の情勢について知ることが出来ました。
その後はブレイクアウトルームにうつり、小さな単位で交流しました。色々な国の人と英語で、コロナウイルスによって私たちが受けた影響について議論し合いました。日本でも休校などの対策が取られたように、海外でも買い物は1人で行う、分割授業を行うなどの対策が取られていたようです。どのような課題を解決していくべきかという議題では、オンライン授業で必要なパソコンの購入費についてもっと支援を手厚くするべきだなどの意見が出ました。

今回この会議に参加して、世界レベルで同じ議題について話し合えたことに大きな意義を感じたとともに、意見の発信や聞き取りの力がまだまだ及ばないことを痛感し、もっと英語の勉強に力を入れていきたいと感じました。今後も世界に視点を向けた活動を通じて、自分の知識と自分自身を成長させていきたいと思います。

関西学院大学の皆さん、一緒に議論してくださった高校生の皆さん、ありがとうございました。








2020年8月29日土曜日

2020.8.8-10. 大阪大学大学院・国際公共政策研究科 Future Global Leaders Camp 2020 onlineに2年生が参加

国際文化科2年の吾郷史佳さんの参加レポートを紹介します。
今年度はオンライン開催となりましたが、これまでと同様、先生方からの指導に加え他校の生徒さんとの協働作業を通して大きな学びを得てきたことがわかります。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 8月8日から10日まで、大阪大学大学院・国際公共政策研究科(OSIPP)の主催のFuture Global Leaders Camp (FGLC) 2020 onlineに参加させていただきました。 
  
 このFGLCは、高校生が将来リーダーシップを発揮しグローバルに活躍するために、国際的な感覚を養うことを目的としたもので、グローバル公衆衛生の問題に直面しているこのような時こそ、国際問題そして国際公共政策を共に考えるべきではないか、という考えのもとに開催されました。

 世界的危機が深刻化し社会が混乱する中、グローバルな課題はもはや他人事ではなく、皆で自分事として考える必要があります。我々が知恵を寄せ合い共に考える手段が残されている限り、それを試みるべきであるという理念です。 

 研修の前には、SDGsのうちの1つを選んで考えを述べたり、それについてスライドを作ったりする課題がありました。この課題は、研修中に基礎知識として自分の役に立ちました。 

 研修は6人ほどのグループに分けて行われました。自己紹介、事前課題の発表のあと、3日間で行う研究テーマを決めました。私達のグループは、コロナウイルスの流行を抑えられているカンボジアについて研究をすることにしました。グローバルパブリックヘルスに関する大阪大学の教授の講演もあり、自分の中で知識がどんどん育っていくのを感じました。 
画面の前でご飯を食べながら調査を進めたりスライドの作成を進めたりするのは、1つの物事を皆で協力して進めていく感じがしてとても楽しかったです。2日目の中間発表を元に、各グループが発表内容に磨きをかけて挑んだ最終発表は圧巻でした。どのグループも本当に詳しく調査や考察がなされていて、すごく聴きごたえがありました。

 「カンボジアの医療環境を整える」というテーマで研究結果を発表した私達のグループは、銀賞を受賞しました。悔しい気持ちもありましたが、自分たちの精一杯が評価されたのは嬉しかったです。 

 今回の研修を通して、国際問題への解決意識が更に高まっただけでなく、仲間と協力することで大きな問題の解決の契機を探り当てるという素敵な経験をすることもできました。これからの探究の授業の他、進路にも活かしていきたいと思える素敵な経験でした。 

 大阪大学大学院法学部国際公共政策研究科の皆さん、ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
>>>この研究合宿の要項はこちら

2020年6月5日金曜日

2020.6.5. 課題研究「探究」について2年生が受けた取材の記事が公開されました。

本校では毎年2月に学習成果発表会「千里フェスタ」を開催しています。この会では、2年生全員が課題研究の発表を行います。今年2月のフェスタ後に国際文化科の2年生(当時)4人が、日経BPコンサルティング社のインタビュー取材を受けました。

記事のタイトルは、「高校生の社会課題へのまなざしSDGs時代の『グローバル人材育成』とは?」です。

画像のクリックで掲載ページが開きます。

4人は、質問に答えながら、課題研究「探究」テーマ設定理由や企業に対する思いについて話しました。また、本校の「探究」担当教員のひとりが、本校の課題研究「探究」の意図や将来の方向についてお答えしました。

課題研究の成果を学校内だけではなく企業を含め広く社会に発信することで、実社会に対する価値創造のプロセスとなることを生徒は実感することができます。また、社会課題とつながった研究は、自分の進路を考える重要な機会ともなりえます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
本校は、国連グローバルコンパクトに署名し、日本のローカルネットワークであるGCNJ(グローバルコンパクト・ネットワーク・ジャパン)に加盟し、加盟諸企業との連携を図るとともに、人権・労働・環境に関する学習・発表の機会を積極的に提供しています。

2020年5月29日金曜日

2020.6.4. 今年の課題研究「探究」は、オンラインでスタート

COVID-19の影響下で迎えた2020年度、本校国際文化科2年生の課題研究「探究」の授業は学年初めからオンラインでスタートすることになりました。
もちろん生徒同士の交流やその場での意見交換はできませんが、意外と課題研究とオンラインは相性がいいように感じます。

探究の授業の基本的なサイクルは、

・教員によるスケジュールの確認と作業課題の提示
→生徒の作業
→レポートの提出および他の生徒との共有
→レポートへの教員・他の生徒からのフイードバック
→次の課題

というものです。

これが、1週間ごとに課題を提示して週の終わりに提出を求めるという本校の休校中の学習サイクルにすっきりはまりました。

また、他の生徒のレポートを授業時間という制約なしに自分のペースで読むことができます。教員も、コメントを口頭ではなく文字にして伝えることができます。これも時間に追われることなく行えます。(その分、かなりの時間を掛けることになってしまった教員もいましたが)

本校で主に使っているオンラインプラットフォームはECC IntersectionとGoogle Classroomです。
探究では後者を利用しましたが、
両方とも、例えば、
・先輩の論文のうちから関連の深いものを選んで読んで参考になったことをまとめなさい 
・NHKの「総合的な探究の時間」のビデオ教材を参考に研究テーマに関する情報を図として整理し、その写真を提出しなさい
といった課題の提示や回収が容易にできました。回収した課題の管理も簡単で、オンラインの方がいいかもしれないと思ったほどです。

さて、6月から徐々に授業が再開します。これまでできなかった顔を見ての発表や研究パートナー探し、調査計画の相談を始めていきます。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
参考:2020オンライン進路説明会①本校の休校期間中のオンライン授業について動画20分)




2020年5月4日月曜日

2020.4.10. 大阪教育大学を管理機関とするWWLに連携校として参加が決定

2020年4月10日に文部科学省から令和2年度WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業における「カリキュラム開発拠点校」の決定が発表(文部科学省のサイトへ)されました。
    

今年度採択された12の構想のうち、本校は、大阪教育大学が管理する構想に連携校として参加します。
・管理機関:国立大学法人 大阪教育大学
・構想名:Society 5.0に向かう生徒と教員のための「学びの共同体」の構築
・カリキュラム開発拠点校:大阪教育大学附属高等学校 平野校舎

関西学院大学が管理するWWL構想("AI活用 for SDGs" 「地球と人類に貢献する平和構築のための学び」・昨年度から)への参加と合わせ、さらに多様な学習・発表の機会を提供していきます。