2022年3月28日月曜日

2022.3.26-27. 大阪大学大学院 国際公共政策研究科主催「第7回 国際公共政策コンファレンス (待兼山会議)」で本校国際文化科2年生が7研究を発表、1研究が優秀賞に選ばれました。

 

大阪大学大学院 国際公共政策研究科主催 第7回 国際公共政策コンファレンス (待兼山会議)が3月26,27日にオンラインで開催されました。                                公式HP https://osippconference.wixsite.com/conference
本校からは国際文化科2年生の7組が5つの分科会に分かれて参加し、探究の成果を発表しました。

 《本校生徒の発表タイトル》
  • 「アメリカにおける東アジア人への人種差別の原因と教育による解決策」
  • 「豊中市立小学校におけるLGBTsを特別視しない子どもを育てるための教育を行うには」
  • 「私たちの安全と引き換えになる小さな命の ために ~ 国際的な動物実験データバンク委託会社利用制度設立の提案」
  • 「日本でタトゥーが身近になることは可能なのか」
  • 「外国ルーツを持つ人が被る人権侵害をなくすために ~ 私たちで起こすアクション~」
  • 「自分の性に悩みを持った人たちが自分に誇りをもって生きるにはどうすればよいか」
  • 「男性の育児休暇取得率を上げるためには」

26日に行われた発表では5つの分科会のうち3つで本校生の研究が代表に選ばれ、27日の全体会でも発表しました。

審査の結果、最優秀賞(1研究)には神戸市立葺合高等学校の研究が、優秀賞(1研究)には本校の中山さん、片岸さん、北島さんが発表した研究「私たちの安全と引き換えになる小さな命のために~国際的な動物実験データバンク委託会社利用制度設立の提案~」が選ばれました。

この研究は、調査に基づく改善策のアイデアを、何人もの大学教授等の専門家に意見を聞きながら修正を繰り返して改善・具体化していったプロセスが評価されていました。他方、最優秀賞の研究は、特に先行研究の丁寧な調査が行われていることが高く評価されていました。


参加した生徒からの終了後レポートから代表的なものを紹介します。片山さんが書いてくれたものです。

*****************************************
まず、この経験は私の人生で一生忘れることがないであろう、とても有意義なものでした。それは、単純に20分の発表+20分の質疑応答を経験したり、新しい知識を得たりするだけでなく、自分の将来についても考えさせてくれるものだったからだと考えています。次から次へと自分の視野が広げられていくような感覚がして、とてもワクワクしました。

私は言語学に興味があるのですが、今までその理由は「自分が色んな言葉を知りたい」という比較的興味本位なものでした。しかし、今回のコンファレンスで「言葉選び」や「言葉の厳密性」について学びました。自分の主張を明確に伝えたり、他人を動かすきっかけになったり、他人を傷つけないようにしたりするために言語を学びたい!という新しい魅力を感じました。さらに、たくさんの外国語を学ぶことによって、自分の伝えたいことをより適切に伝えられる可能性が広がるようになると思います。

今までの人生で気づくことがなかった考え方や事実に次々と突き付けられ、衝撃を受けつつも、自分の好奇心をくすぐられる楽しい2日間でした!

箇条書きになりますが、先生方の考え方で印象に残ったものをリストアップしてみました。
・「具体的な提案があるから、具体的な議論ができる。」
・「個人の経験をどれだけ一般化できるか」
・「どれだけラベルを貼らないで物事を考えられるか」
・「解決策の考え方の範囲を決めない」
・「発表の作法を磨く」
・「貧困から抜け出すには社会に対する悔しさが必要な時がある」
・「地図を逆さまにして考えてみる」
・「母国語」と「母語」

Hawkins先生が紹介してくださった「誤解を招く5つのことば」というPodcastの配信を早速聞いてみました。内容は、国際報道における発展途上国、内戦、フェアトレード、民族、国際社会などの言葉の危険性についてでした。1つ提案なのですが、この配信の内容を千里の国際理解の授業で用いてみてはどうですか?私自身、去年受けた授業内では学べなかった考え方がたくさん登場したので、よりよい国際理解の授業に繋がるのでは?と思います。

来年以降、このコンファレンスに参加しようか迷う後輩がいるようだったら、参加して絶対後悔はないと強くおすすめしたいです。

この2日間で学んだことをこれから存分に生かしていきたいと思います!

*****************************************



2022年3月25日金曜日

2022.3.19. WWL・SGH ×探究甲子園で2年生が発表

 
3月19日土曜日にWWL・SGH ×探究甲子園がオンラインで開催されました。全国のWWL参加校とSGH経験校から、事前選考を経て40校が探究活動のプレゼンテーションを行いました。

本校からは国際科学科2年の岩崎理乃さんと植杉英さんが1年間の課題研究の成果を英語で発表しました。タイトルは“Using Aluminum Can to Reduce Plastic”です。発表の後は金沢大学の先生からコメントをいただきました。


←画像をクリックすると大会パンフレットが表示されます。


発表を終えた生徒は感想を次のように書いています。紹介します。

******************************

発表した内容は、2年の初めからずっと進めてきた探究活動についてです。最初にこの課題を選んだ理由は、ただ単純に動物が好きで、人間活動によって動物たちが傷ついていることに心を痛めたからでした。ペアの岩崎さんと1年生の終わりに探究活動でプラスチック削減が出来る「何か」に取り組みたいね、と話をし、運良く同じ講座になったためペアを組むことにしました。

最初は資料を集めてそれをまとめ、解決策を考案するのにとても時間がかかり、当初考案していた案も現実的に厳しいために見合わせたりなどしていたため、アルミ缶という案が出てくるまでに様々な問題に直面し、とても時間がかかりました。

調査を行うために校外の機関にコンタクトをとることも大変で、万博記念公園の管理を行っている方にメールでご連絡をし、夏期休暇中の日程を調節して、アンケート内容を絞り…などたくさんの行程があり探究活動を進めている実感が持てる反面、他の活動に割く時間が削られるなどハードワークだったなと感じました。

校内の学習成果発表会である「千里フェスタ」を2月に終えた後も、「探究甲子園」の準備を進めました。周りの人たちが探究活動を終えている中、追加の研究を行ったり、新たにスライドを作ったりなど時間との勝負でした。また、日本語で伝えるのも難しいのに、それを英語で伝えるという初めての試みで、緊張と不安を感じました。

実際に探究甲子園に参加してみて、他校の取り組みの凄さに圧倒されたり、コメンテーターの先生からの質問にきちんと答えられるか不安に思ったりしたところはありました。しかし、みなさん真剣に私たちの取り組みに興味を持って聞いて下さり、コメンテーターの先生から新しい情報をいただいたり、意見の交換をさせていただいたりすることができ、とても楽しかったです。私たちの行ってきた活動は大人から見ても興味を持って貰えるものなのだという達成感と自信に変わりました。発表後、千里高校の先生がたにもたくさん褒めていただき、大変だった作業も報われたと思います。

******************************

初めに探究甲子園のお話をいただいた時、嬉しい気持ちの反面、私たちで大丈夫なのだろうかという不安の気持ちもありました。私たちには少し規模が大きすぎるのではないかと思いましたが、私たちでどこまで行けるだろうという気持ちが勝り、出場する決意をしました。そこからの準備はとても大変で、まず1次審査で40校に残らなくてはならないという高いハードルを超える必要があると知った時、なんで出ることにしたんだろうという若干の後悔を覚えた記憶があります…笑

でも当日、オンラインという形で出場し、見てくださった方々、コメンテーターの先生、一緒に出場した高校生に私たちの考えを広めることができ、さらに考えを深めることが出来たので、出場できてよかったと思います。この探究活動は絶対私一人では成し遂げられなかったと身に染みて感じています。モチベーションが下がってしまい、投げやりになっていた所を怒りもせず、ずっと傍で支え続けてくれるとても頼りになる相方がいて、活動をずっと応援してくださっていた先生方がいて、調査に協力してくださった方々、企業の皆様がいて、やっと形にできたと思います。

探究甲子園という大きなイベントに出させてもらったことを誇りに思います。ありがとうございました!


2022年1月8日土曜日

2021.12.9. 文部科学省主催 All Japan High School Forum 2021(オンライン開催) で2年生が発表

 SGH ネットワーク参加校等が探究活動の交流を行う 文部科学省主催 All Japan High School Forum  2021(12/19(日)オンライン開催) で国際文化科2年生の3人が研究を発表しました。

今回は英語によるプレゼンテーション動画を録画したものと、英語と日本語の要約を事前に送った上での参加となりました。各校のプレゼンテーション動画を見た上で参加した分科会では 専門家から助言もいただきました。

3人は次のように振り返っています。「自分たちが積極的に発信していくこと の大切さを知った。(鴨井さん)」、「他校の発表を視聴して、私たちの良さと改善点も分かった。(戴さん)」、「自 分たちが見ていた以外にも、人権侵害について大事な視点があることを感じられた。(岩城さん)」 

発表動画の様子


発表動画・スライド・要約等 https://b-wwl.jp/ajhsf2021_sghn-3/#SGHN077

2021年6月25日金曜日

2021.6.25. 関西学院WWL・第2回国際生徒交流会【SECOND】INTERNATIONAL ONLINE MEETING

  2021年6月24日に開催された、関西学院WWL・第2回国際生徒交流会【SECOND】INTERNATIONAL ONLINE MEETINGに本校2年生5名が参加しました。

今回のテーマは、「あなたにとっての平和とは? コロナの中での平和・私にとっての平和・国にとっての平和」。国内連携校の他にインドネシア・インド・エジプト・フィリピンから高校生が参加した交流会でした。今回も連携校9校の生徒が実行委員となり企画・運営を行ってくれました。


終了後に振り返りの質問に答えてもらいました。紹介します。

参加してよかったと思うのは…>

  • いろいろな国の人と話せたこと。その国について知れたこと。英語のイントネーションやアクセントなどがそれぞれ違っていて興味深かった。なかなか外国の人と話す機会がなくなった今、交流できて楽しかった。
  • 大学生になったらフィリピンに留学したいと思っていた。今日のミーティングで、英語圏の中でも地域によって特有のイントネーションがある所があることを知ることができた。
  • 普段、座学やライティングを重点的にしすぎているために「何も書き出さず、相手の目を見て英語をしゃべる」ということが苦手だと気付けた。


<英語で話すことについて、どんな前向きな気持ちの変化がありましたか。>
  • 日本人でも発音がとても綺麗な方がいて、自分も頑張ろうと思った。
  • 英語を話すのはもともと大好きだし、今回さらにコミュニケーションをとることの楽しさを感じた。
  • 前日に使えそうなワードを書き出していたので、ある程度ミーティングについていくことができ、最後の全体会でグループの代表として発表したとき、拍手をいただけた。勉強すれば多言語の人と意思疎通し賞賛してもらうのも不可能ではないと確信できた。


<国際交流についてどんな前向きな気持ちの変化がありましたか。
  • 国によっては聞き取りづらいアクセントもあって、色んなアクセントに対応出来るようになりたいと思った。
  • 他の国の文化や考え方などを知るのが大好きで、そのような機会がたくさんある千里高校を選んだ。今はオンラインでしかこのような機会がないのが残念でならないけど、それでも貴重な体験ができきて楽しかった。やはりオンラインなので自由に会話ができなかったり、時差があったり、相手の感情をうまく読み取れなかったりと、不便な点はあったので早くface to faceで会って、話して、自由に交流できる世の中になってほしいと思った。
  • 実際に今何千キロも離れたところにいる人と会話することができ、首脳会談のような気分を感じることができ、興奮した。国が違うだけで、共通の話題はたくさんあることを知り、もっと海外の人と話してみたいと思った。


2021年4月3日土曜日

2021.3.27. 関西学院WWL・第1回国際生徒交流会【FIRST】INTERNATIONAL ONLINE MEETING

 2021年3月27日に開催された、関西学院WWL・第1回国際生徒交流会【FIRST】INTERNATIONAL ONLINE MEETINGに本校2年生が参加しました。

今回のテーマは、「Living with COVID-19 High Schoolers' REAL Voices from all over the World コロナと共に生きる私たち 〜ここでしか聞けない生の声〜」。国内連携校の他にインドネシア・インド・エジプト等からも高校生が参加した交流会でした。連携校9校の生徒が実行委員となり企画・運営を行ってくれました。


本校から参加した国際文化科2年生(当時)吾郷史佳さんのレポートを紹介します。
3月27日、私は関西学院大学主催の「高校生オンライン国際会議(International Online Meeting)」に参加し、新型コロナウィルスが世界に与えた影響について世界の高校生と話し合ってきました。

私は元々医療に大きな興味を持っていて、将来医療面でよグローバルリーダーとして活躍するために必要なことを見つけられるのではないかと感じて、今回の会議に参加することにしました。

会議にはインド、エジプト、インドネシアなどの高校生も参加していました。開会後はまず各国についてのプレゼンがあり、衣食住についてや現在の情勢について知ることが出来ました。
その後はブレイクアウトルームにうつり、小さな単位で交流しました。色々な国の人と英語で、コロナウイルスによって私たちが受けた影響について議論し合いました。日本でも休校などの対策が取られたように、海外でも買い物は1人で行う、分割授業を行うなどの対策が取られていたようです。どのような課題を解決していくべきかという議題では、オンライン授業で必要なパソコンの購入費についてもっと支援を手厚くするべきだなどの意見が出ました。

今回この会議に参加して、世界レベルで同じ議題について話し合えたことに大きな意義を感じたとともに、意見の発信や聞き取りの力がまだまだ及ばないことを痛感し、もっと英語の勉強に力を入れていきたいと感じました。今後も世界に視点を向けた活動を通じて、自分の知識と自分自身を成長させていきたいと思います。

関西学院大学の皆さん、一緒に議論してくださった高校生の皆さん、ありがとうございました。








2020年8月29日土曜日

2020.8.8-10. 大阪大学大学院・国際公共政策研究科 Future Global Leaders Camp 2020 onlineに2年生が参加

国際文化科2年の吾郷史佳さんの参加レポートを紹介します。
今年度はオンライン開催となりましたが、これまでと同様、先生方からの指導に加え他校の生徒さんとの協働作業を通して大きな学びを得てきたことがわかります。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 8月8日から10日まで、大阪大学大学院・国際公共政策研究科(OSIPP)の主催のFuture Global Leaders Camp (FGLC) 2020 onlineに参加させていただきました。 
  
 このFGLCは、高校生が将来リーダーシップを発揮しグローバルに活躍するために、国際的な感覚を養うことを目的としたもので、グローバル公衆衛生の問題に直面しているこのような時こそ、国際問題そして国際公共政策を共に考えるべきではないか、という考えのもとに開催されました。

 世界的危機が深刻化し社会が混乱する中、グローバルな課題はもはや他人事ではなく、皆で自分事として考える必要があります。我々が知恵を寄せ合い共に考える手段が残されている限り、それを試みるべきであるという理念です。 

 研修の前には、SDGsのうちの1つを選んで考えを述べたり、それについてスライドを作ったりする課題がありました。この課題は、研修中に基礎知識として自分の役に立ちました。 

 研修は6人ほどのグループに分けて行われました。自己紹介、事前課題の発表のあと、3日間で行う研究テーマを決めました。私達のグループは、コロナウイルスの流行を抑えられているカンボジアについて研究をすることにしました。グローバルパブリックヘルスに関する大阪大学の教授の講演もあり、自分の中で知識がどんどん育っていくのを感じました。 
画面の前でご飯を食べながら調査を進めたりスライドの作成を進めたりするのは、1つの物事を皆で協力して進めていく感じがしてとても楽しかったです。2日目の中間発表を元に、各グループが発表内容に磨きをかけて挑んだ最終発表は圧巻でした。どのグループも本当に詳しく調査や考察がなされていて、すごく聴きごたえがありました。

 「カンボジアの医療環境を整える」というテーマで研究結果を発表した私達のグループは、銀賞を受賞しました。悔しい気持ちもありましたが、自分たちの精一杯が評価されたのは嬉しかったです。 

 今回の研修を通して、国際問題への解決意識が更に高まっただけでなく、仲間と協力することで大きな問題の解決の契機を探り当てるという素敵な経験をすることもできました。これからの探究の授業の他、進路にも活かしていきたいと思える素敵な経験でした。 

 大阪大学大学院法学部国際公共政策研究科の皆さん、ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
>>>この研究合宿の要項はこちら

2020年6月5日金曜日

2020.6.5. 課題研究「探究」について2年生が受けた取材の記事が公開されました。

本校では毎年2月に学習成果発表会「千里フェスタ」を開催しています。この会では、2年生全員が課題研究の発表を行います。今年2月のフェスタ後に国際文化科の2年生(当時)4人が、日経BPコンサルティング社のインタビュー取材を受けました。

記事のタイトルは、「高校生の社会課題へのまなざしSDGs時代の『グローバル人材育成』とは?」です。

画像のクリックで掲載ページが開きます。

4人は、質問に答えながら、課題研究「探究」テーマ設定理由や企業に対する思いについて話しました。また、本校の「探究」担当教員のひとりが、本校の課題研究「探究」の意図や将来の方向についてお答えしました。

課題研究の成果を学校内だけではなく企業を含め広く社会に発信することで、実社会に対する価値創造のプロセスとなることを生徒は実感することができます。また、社会課題とつながった研究は、自分の進路を考える重要な機会ともなりえます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
本校は、国連グローバルコンパクトに署名し、日本のローカルネットワークであるGCNJ(グローバルコンパクト・ネットワーク・ジャパン)に加盟し、加盟諸企業との連携を図るとともに、人権・労働・環境に関する学習・発表の機会を積極的に提供しています。